自分に合ったWi-Fiを購入する

wifiインターネットを普段使用している方は少なくありません。このように日常的に使われるようになってきましたが、実際にどのような会社の通信を利用してインターネット接続を行っているのかご存知ない方もいると聞きます。パソコンでもスマートフォンでも同じように、インターネットに接続する際には契約している大元の電波からの受信で使えるようになっています。したがって、この電波の発信源の状態によって通信の速度が大きく変わってくるのです。

光回線と言う言葉がありますが、この光回線とはインターネットに接続するための大元の会社の1つとも言えます。その点、自宅だけではなく外でも使えるタイプのWi-FiはそのWi-Fi用に電波が変換され受信することでインターネット接続を行います。もしもこれからWi-Fiの購入を考えている場合は、通常のWi-Fiの仕組みと光回線によるインターネット接続の違いを理解してみましょう。

光回線とは何か

光回線という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。普段インターネットを利用している方でも、自分が使っていないと光回線とは何なのか分からないものです。ではここで光回線の仕組みについて解説します。この光回線を聞くと、インターネットに接続するのに必ず有線でなければ接続できないとイメージしている方も多いです。しかし、この光回線でのインターネット接続方法は利用する予定の自宅やオフィスに回線工事を行うことで使えるようになります。

また、光回線単体でインターネット接続が可能なのかと疑問を持つ方もいるでしょう。残念ながら、光回線とはインターネット接続をスムーズに行うための助けとしての役割を持っているため、この光回線単体ではインターネット接続はできません。そのため、接続するためにはルーターが必要になります。つまりそのつなぎ方によって光回線も無線で使うのか有線で使うのか分かれてくるということになるのです。

ここで光回線は無線のLANからの使用が可能だと紹介しましたが、単体で使える持ち運びのできるタイプのWi-Fiとは違い、外に持ち出すことはできないことを知っておきましょう。先述したように、光回線はインターネット接続を利用したい場所に回線を引きこんでから始めて光回線を使うことができます。無線LANで使えるからと言っても、どこにでも持ち運んで使えるわけではないため注意が必要です。

光回線が合っている場合

光回線が安定しているという評判を耳にしたことのある方もいるでしょう。光回線をインターネット接続のために導入する方の中にはこの点があるため、光回線を使用する方が多いようです。そもそもWi-Fiと光回線ではそもそもものが全く異なります。解説の前にまず確認しておきたいのは、インターネット接続をするためにはどちらを選ぶにしても大元の電波発信元が必要になるということを覚えておいてください。

持ち歩きのできるWi-Fiでインターネットを接続する時にはインターネット通信から発信しているところの電波を受信することで、ケーブルがなくとも無線でインターネット接続ができるようになっています。しかし、持ち運び可能なWi-Fiの場合は、その電波を発信している大元の電波の状態によってインターネットへのつながりの良し悪しが変わってくるところが特徴です。

一方、光回線というのは先ほど無線のルーターであるWi-Fiにしても有線でケーブルを使用する場合にもインターネットを使えるようにする大元の電波が必要だと言いました。この大元の電波発信源の種類のうちの一つがこの光回線になります。したがってこの光回線を利用する際には有線LANまたは無線LANのどちらかで利用可能となります。

光回線はインターネット接続を利用する場所に工事をして回線を引いてもらうことから始まります。したがって、外に持ち歩くことはできませんが、インターネット接続の際に通信状態が安定しているのが大きな特徴となるでしょう。そのため、家にあるデスクトップパソコンや機器でしかインターネット接続をしないという方には、回線工事が必要なく使える持ち歩き可能なWi-Fiではなく光回線をおすすめします。光回線とはこの大元の電波を発信するところに属するものになります。したがって、単体での使用はできないのです。

外で使う人にはWi-Fiを

インターネットの接続に光回線を取り入れる場合には、Wi-Fiに比べて料金がかかる場合があります。とは言え、選ぶ会社によって、光回線の場合もWi-Fiの場合も費用が変わってくるため、購入の際には利用するのにかかる費用に注意しましょう。光回線の通信が安定しているという特徴をみると、インターネット接続には光回線を使うのが一番いい方法なのではと考える方もいます。

しかし、すべての場面でそう言えるとは限りません。光回線利用のために自宅などのインターネット接続を利用予定の場所に回線工事をすれば使えるようになります。使うためにはインターネット接続したい機器と有線LANを使ってつなぐ方法と、無線LANから光回線の電波を変換して使う方法が存在するのです。

とは言えあくまで回線を引いた自宅やその場所でしか使用ができません。ここで基本的に外でのインターネットの接続をしたいという方には持ち運びできるタイプのWi-Fiが合っていると言えます。持ち運び可能なWi-Fiの場合は大元の電波を発信している会社の電波を受信して利用するため、きちんと受信できないと通信が悪くなることもあり得ます。このようなデメリットはあるもののカフェなどの仕事で使いたいという方にはおすすめなのではないでしょうか。

まとめ

持ち運びできるタイプのWi-Fiと光回線を用いたインターネット接続ではそれぞれ良さが違うのです。どちらかが良いというわけではなく、自分の使い方に合った方を選べるように、まずはこの違いについてきちんと理解しておく必要があるでしょう。

この持ち運び可能なタイプのWi-Fiと光回線を使ってインターネット接続を行った場合に違いが生まれると言えます。1つ目は光回線の場合には外に持ち出して使うことができないという点です。光回線は自宅などインターネット接続を行う場所に回線を引くことで使えるようになります。

したがって、家を中心に使うのであれば通信が安定しているため、光回線がおすすめなのではないでしょうか。反対にWi-Fiの場合は、無線電波を受信できるように作られているため、外出時にも使える部分が特徴です。こちらに関しては外でパソコン作業をする際に便利でしょう。このように自分がどこで頻繁に使うのかによって合うものが違います。購入の際にはぜひ、この部分に注目して検討してください。